サプリメントになっていない栄養剤はないと言ってもほぼ過言ではないくらい色んなサプリメントが簡単に購入できる世の中です。
サプリメント大国で有名なアメリカは早くからサプリメントの需要も多かったですが、日本とは異なる食事環境だったので足りない栄養素をサプリメントで補う必要があったのでしょう。
食材が豊富で魚介類や海藻類もしっかり食べている私たち日本人は実際サプリメントで栄養を補う必要があるのでしょうか?
欧米の食文化が入ってきたり、仕事などで忙しかったりで食生活が乱れてしまいがちなので、足りていない栄養をサプリメントで補えばいいやと思うでしょうが、自分に必要な栄養素と必要ない栄養素が分かっていないと過剰摂取になってしまうことがあります。
サプリメントの過剰摂取は私たちの体にどのような影響を与えるのでしょうか。多種類あるビタミンの過剰摂取を見ていきましょう。
サプリメントは、日本では栄養補助食品として気軽に手に入ります。
因みにサプリメント大国アメリカでは医薬品扱いになっていたりするので、専門店で購入する前お店の人に相談したり医師や薬剤師にどんなサプリメントを摂取したらいいか相談して購入します。
日本人の場合は、自分で「最近野菜が少ない」とか「疲れやすくなってる」のでとりあえずサプリメントを摂っておこう。でも何がいいかわからないから、マルチビタミンを摂っておけばほぼ対応できるだろう。
メディアでこのサプリメントがいいと言っていたから試しに買ってみよう。その用な人の方が多いと感じます。私自身もそんな感じでサプリメントを摂取していました。
でも、中にはサプリメントに依存してしまう人もいますし、あまりにも偏食なのを自覚しているので複数のサプリメントを常用している人もいます。
(芸能人ではカズレーサーさんが話題になっていますね。)
スポンサーリンク



ビタミンの摂取

ビタミンと言っても多種あります。
水溶性ビタミンである、ビタミンB₁・B₂・B₆・B₁₂・C・ニコチン酸・パテントン酸。
脂溶性ビタミンである、ビタミンA・D・E・K。
これらビタミンは体内で作らえることがほぼできないので、食事で外から摂取しないといけないのですが、どれも一日の摂取量としてはそんなに多くないのでしっかり3食バランスの良い食事をしていればほぼ足りていると思われます。
水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンの違いは、水溶性は必要以上摂取しても尿として出ていってしまいます。

余談

果物に一斉興味がなくほぼほぼ手を出さない上に昔は喫煙者だった私は、ビタミンCが欠乏していると言いながらビタミンCのサプリメントを摂取していましたが、ある日「ビタミンCは取り過ぎたら尿としてでていくだけだからお金の無駄。
果物を食べなくても野菜をそれだけしっかり食べてたら足りてるだろう。果物を食べないから果糖の取り過ぎも心配しなくていいだろうし。」と兄に言われ「なるほど」と思いました。
野菜は大好きなのでサラダなんかでもボウルに山盛りはもちろん大根の葉っぱも炒めて食べていたりしました。確かに、それで足りていたかも。因みに今でも果物には興味がわきませんが。。。
話がそれてしまいましたが、脂溶性ビタミンは吸収されやすく取り過ぎると体内に蓄積されてしまいます。
それが恐いのです。
スポンサーリンク



ビタミンの過剰摂取

水溶性ビタミンは摂り過ぎても体外へ排出されるので特に問題はありませんが、それでも一回の食事で多量に摂取してしまうと腹痛や下痢になることがあります。できれば一回で取るよりも一日かけて必要量を摂取するのが望ましいです。
一方、恐いのは脂溶性ビタミンです。取り過ぎて体内に蓄積されたビタミンは食欲不振・嘔吐・脱毛・発疹・頭痛などを引き起こします。また、腎臓や血管にまで影響を及ぼしてしまう場合もあります。
これらは「ビタミン過剰症」と呼ばれています。(ビタミンEは例外です)ビタミン剤は個々のサプリメントとして販売されているものとマルチビタミンとして販売されているものがあります。
とりあえず何が自分に欠けているかわからないのでマルチビタミンを摂取しているけど、なんだか体調がすぐれない・上記のような症状があるという場合は、もしかしたら脂溶性ビタミンを摂り過ぎている可能性も考えられます。

おしまい

出来ればサプリメントに頼らずに食事のみでビタミン補給が出来たらそれが一番望ましいのですが、なかなか仕事も不規則で生活も不規則になりがちな世の中ですから難しいのかもしれません。
日頃の食事を見直してみて、足りないと思われる時に足りないビタミンのみを摂取するようにしていけたら最適です。あくまで栄養補助ですので、過剰に摂取したリ依存しないように気をつけて下さい。
スポンサーリンク