経営においてビジョンやミッションという言葉は度々論じられ必須の要素とされています。どちらも響きがよくちょっとかっこいい言葉ですよね。
ただ同じように思えてもビジョンとミッションは意味が異なります。そこで今回はいざ使うときに間違ってしまわないためにもこの2つの言葉の意味や使い方を改めてみていきましょう。
「会社のビジョンは…」などとよく用いられる言葉ですが具体的にどんな意味があるのかご存知でしょうか?曖昧な使い方をされているかもしれません。詳しくみていきましょう。
スポンサーリンク



ビジョンの意味は

まずビジョンという言葉には、目標、夢方向性などという意味があります。
経営で使うビジョンには主に2つあり、1つ目が顧客や社会から目線で「この会社はどういった結果を未来でもたらすのか?」と言うことそして2つ目は「我が社が未来であるべき状態」という車内戦略のことです。
つまり、会社なんかで使われるビジョンの意味はどのような未来を目指し、どのような状態を目指すのかということなんです。これを明らかにすることで取引先や株主なんかがビジネスを正しく理解できます。

大手企業が掲げるビジョンとは

では具体的に大手企業などはどんなビジョンを掲げているのでしょうか?
まず全国展開をしているイオンモールでは「アジア50億人の心を動かす企業へ」というビジョンを掲げています。またソフトバンクグループは「世界の人々から最も必要とされる企業グループ」というビジョンがあります。
シンプルかつ簡単ではないビジョンですね。さらにはもちろん会社の社長自身がもっと細かくどの市場でどのような業種でどんな場所を拠点に活躍していきたいかを考えておく必要があるでしょう。
スポンサーリンク



ビジョンミッションのミッションとは?

では次にミッションという言葉。映画で「ミッションインポッシブルなんていうのがあったり、意外と身近で普段使うことがある言葉かもしれません。具体的に意味を見ていきましょう。

ミッションの意味は?

ミッションは任務や使命、役割、目的のことを指します。
このミッションとビジョン、どのように違うのかというとビジョンは未来ですが、ミッションは現在です。
「顧客にとっての自分たちの存在意義とは何か?」そして「自分たちはどんな価値を提供することが使命なのか」ということを示すものです。
ビジョンがあるからそれを実現するためにミッションがあるという考え方です。基本的にミッションを考えて、ビジョンを考えましょう。

大手企業のミッションとは

ミッションも大手企業で掲げられていることがあります。例えば誰でも知っているFacebookでは「世界のつながりをより密にする」というのが掲げられています。
ミッションには顧客は誰なのかということ、そして得られる価値と製品のサービス、技術なんかが必要な要素となっています。ミッションがずれていると顧客の要望に当てはまらなような対応しかできないということになります。

まとめ

普段ビジョンやミッションなんていう言葉を聞いても、なんとなくしか理解していなかったかもしれませんが、今回の説明で意味が前よりはわかってきたのではないでしょうか。
スピーチなんかの時にこういった言葉を使えるとちょっとかっこいいですよね。ビジョンは人を動かし、それを実現するためにミッションがあるんですね。
ちなみのビジョン、ミッションと同じような言葉で他にバリューというのがあります。
これは価値という意味でビジョンとミッションを達成し続けるために必要な車内の行動指針を言います。例えば「努力って、楽しい。」という耳に残りやすいバリューはソフトバンクグループのものです。
他にもいい言葉がたくさんあるので調べてみると面白いですよ。
スポンサーリンク