庭や畑がなくてもお家で野菜を作ることは出来ます。
自分で野菜を育てて収穫出来たらとっても嬉しいですよ。
自分の野菜を作ってみたいという方、ベランダがあればアパートでもマンションでもできちゃう野菜たちとその育て方をご紹介します。
  • プランターもしくは植木鉢
    (水はけをよくするために底に穴が開いているものがおすすめ)
  • スコップ

  • (果物や野菜用の培養土がおすすめ)
  • じょうろ
  • 鉢底石
  • ネット
    (底鉢穴用)
  • 軍手(手で直接する場合は必要なし)
100均やホームセンターなどで購入できる物ばかりです。
ベランダの大きさや育てる野菜の種類によってプランターか植木鉢を選びましょう。
土は100均のものよりホームセンターのものの方が使いやすさや育ちがいいようです。
(土の種類によっては内容量で見ると100均の方が割高です)

ベランダ菜園作り方

〇プランターもしくは植木鉢に穴が開いているので穴を覆える大きさのネットを張ります。ネットは市販で売っているものでも使い古しの洗濯ネットでもなんでもいいです。洗濯ネットなどなら底穴より大きめに切って載せます。穴にネットを張るのは水はけをよくするためと穴からナメクジなどが侵入してくるのを防ぐためです。
〇鉢底石を2~3㎝敷き詰めます。鉢底石を入れるのは水はけをよくし、根腐れを防ぐためです。
(作者は鉢底石を入れ忘れ、しっかり根腐れさせてしまった経験があります。。。)
〇培養土を入れます。培養土はプランターの八分目くらいまで入れます。軽く押さえながら平らになるようにならしていきます。出来たら水を全体的にかけ土を湿らせます。
〇種をまき、うっすらと種の上から土を被せたらたっぷりの水をあげます。この時に気をつけるのは、豪快に水をやると折角撒いた種が浮き上がってしまったりするので優しく全体的に水をあげます。プランターの底から水が出てきたのを確認してください。
*種まきは、どの野菜を作るかによって時期が変わってきますし、巻き方も少々違ってきます。種のパッケージに書いてある説明書きをよく読んで確認してください。

初心者でも作りやすい野菜

初めての栽培だと比較的作りやすい物から始めるといいです。

ラディッシュ

サラダとして食べるのに使いやすい大きさのラディッシュは「はつか大根」という名前でも知られるように、約20日で収穫が可能です。
始めはラディッシュから始めると収穫の楽しさもすぐに味わえるので野菜作りが楽しくなってくるかもしれません。
暑ーい真夏や寒ーい真冬を除けば比較的どの季節でも栽培しやすい野菜の一つです。

ネギ

こちらは種まきではないですが、簡単に誰でもほぼ失敗なくできます。スーパーなどで買って来た根っ子付きのネギを根っ子部分から3~4㎝残します。プランターの土に指でくぼみを作りネギの根っ子部分を入れ軽く土を戻し真直ぐ立つようにします。
毎日キチンと水をやると成長してきます。
ネギの根っ子部分をコップなどに入れて台所の片隅で水栽培することも出来ますが、土に入れてあげる方が断然元気に水栽培よりも太く早く育ちます。

ミニトマト

プランター栽培で人気のあるのはミニトマトです。
種からでもできますが、初心者はホームセンターなどで苗を買って植えてあげるのがいいでしょう。
苗の選び方は、茎の下の方に小さい葉っぱが生えてきていること
(しっかり成長談段階の苗です)、
蕾や花があるのを選ぶと始めやすいです。
蕾や花がないものは、もしかしたらこの先も花をつけずにトマトがならない可能性もあります。
植え方は、プランターに苗が入るくらいの少し深めのくぼみを作り、苗土と一緒に入れます。根元に土をかぶせ軽く土を押さえます。
しっかりと水をやります。
根が定着するまで最初の1週間は毎日しっかり水をやりましょう。
しっかり定着し育ってきたら、トマトはどんどん伸びるので支柱を施します。
専用に売っている支柱でもしっかり硬さと長さのある棒でも構いません。
支柱を根を切ってしまわないように苗の横に深く差し、ビニールひもや麻ひもで茎と固定していきます。

トマトは水を与えすぎると甘さが少なく水っぽくなるので、水をやる回数を2~3日に1度くらいにします。
ただ、これは葉っぱの様子や天候などにもよりますので、毎日確認はしてあげてください。
真夏は土が乾きやすいので朝晩2回に分けて軽く水をあげるようンいしたり、雨が続くとあまり必要なかったりします。葉っぱに水分が少ないと感じたら水をあげるのが良いでしょう。

おしまいに

最初はなかなkうまい具合に育ってくれなかったり虫がついたり、置く場所によってはほとんど日光が当たらなくて大

きくならなかったりと言うこともありますが、あきらめないでください。

一つ成功したら、今度はどの野菜を植えようか等楽しくなってくるはずです。
気が付いたら立派なベランダ菜園ができているかも。

是非参考に、ベランダ菜園に挑戦してみてください。
スポンサーリンク