十分な広さのベランダがあるけど殺風景なままではなんだかつまりませんし、洗濯物の出し入れ以外ではベランダに出ることもないということもあります。
ベランダを落ち着ける空間や楽しめる空間に変えてみると良いかもしれません。植物を置いたり野菜を育てたり、ベランダでガーデニングはいかがでしょう。
新築の家だとベランダの床面にはすでにテラコッタタイルやプラスチックタイルなどがひかれていたりするのでそのまま使用できますが、アパートやマンション・一軒家でもコンクリート打ちっぱなしのようなベランダがあります。
味気ないですよね。
しかも夏は熱くなるし、冬は冷たくなります。
まずは床面を変えるだけでガラッと雰囲気が変わります。
また、床面にタイルやパネルを置くことでベランダに置く植物たちもコンクリート打ちっぱなしのところに直接置くことがなくなるので直接的な熱さ冷たさから免れます。
スポンサーリンク



ウッドパネル

天然の木もしくは人工の木で作られたパネルです。
わざわざ長い板を買ってきて切ったり貼ったりしなくてもパネル状態で販売されているので必要数購入し繋げて並べるだけでウッドデッキの出来上がりです。
色やデザインもいろいろあるので一種類で全面を覆うのもいいですし、違う種類のパネルと組み合わせてもいいです。
その場合、注意する点は大きさやパネル同士を繋げるジョイントが同じものでないとはまりません。
違うデザインのものでもメーカーが同じなら対応しているものもあります。
自然のぬくもりを感じることができるますし、子どもたちも裸足でベランダに出ることができます。

テラコッタタイル

素焼きのタイルのことで、色合いがとても柔らかく暖かな感じです。
テラコッタタイルは室内用と屋外用があります。
ベランダに使用するものは屋外用のものですが、セメントを塗って一枚づつ貼り付けていくのは大変です。
繋げるためのジョイントがついているものが販売されていますので、そちらをおすすめします。テラコッタジョイントタイルもデザインが色々ありますので組み合わせておしゃれに床を演出できます。
注意することは、凸凹があるタイプは少々汚れやすいことと、タイルなので濡れると滑りやすい事です。

ウッドプラスチックタイル

プラスチック樹脂と木粉を混ぜ合わせて作られているもので、「樹脂デッキパネル」や「木樹脂デッキ用」などと呼ばれて販売されていたりもします。足触りが柔らかく耐久性もあります。
こちらもジョイント式になっていてデザインもいろいろなので組み合わせが楽しめます。
色が濃い物を選ぶとわかりにくいですが、汚れやすくもあります。でも掃除もしやすいのも特徴です。
どれもホームセンターで購入できますし、通販でも購入できます。床面にパネルやタイルを施したら端の方に隙間が出るかもしれません。そんな時は庭石を引いたり人工芝で埋めたりすると見た目がもっとよくなります。
スポンサーリンク



ガーデニング演出

床が決まったら、いよいよガーデニングです。ベランダガーデニングのポイントは「リラックス」「テーマ、見せる庭」です。

リラックス

十分なスペースがあれば、天気がいい時にベランダでリラックスできるようにベンチや小さめのテーブルセットを置くのはいかがでしょう。そして緑があることでもっとリラックス用素はあだります。

テーマ、見せる庭

ベランダは一軒家で2階の寝室にベランダがあるので完全プライベートな空間でない限り、お客さんが来た時に中からでも見える場所だったりもします。自慢のベランダガーデニングなら見せたいとも思うでしょう。
「見せる庭」を意識して植物の配置をしていくことが重要です。
ラティスを利用してハンギングバスケットを配置したり、室外機をカバーしたり
(専用の室外機エクステリアとして販売されているものがあります)、
棚や雑貨なども使って植物を演出したリします。
ただ、雑然と置くのではなく
「カントリー調」
「アジアン調」
「ハワイアン」
「ヨーロピアン」などテーマを決めて配置していくといいです。
作者的にはシンプルなのが好きなので植物は置き過ぎないのがベストです。
注)
飾り始めるとどんどんいろいろ飾りたくなってくるのもわかりますが、基本洗濯物も干す場所でもありますので、そのスペースなども考えて配置した方がいいです。
(洗濯物を干さないベランダは別ですが)
また、床面に貼ったパネルやタイルも1~2年に一回は剥がして掃除することをおすすめします。
結構土や砂が溜まっていたり植物を沢山置いているベランダガーデニングだと虫が発生する可能性もあります。

おしまい

殺風景なベランダもこれで素敵なガーデニングスペースへと変貌です。どんなベランダガーデニングに使用かと迷ったら、インターネットで検索してみましょう。
皆さん素敵なベランダガーデニングを作られています。
写真付きで載せられていたりもするので参考になるものがきっと見つかると思いますよ。
スポンサーリンク