出産祝いとは、無事に赤ちゃんが生まれたことのお祝いと、赤ちゃんが大きく成長することを願って贈るものです。
贈る相手は、赤ちゃんのご両親でもいいですし、赤ちゃん自身へでも構いません。
相手の負担とならないような出産祝いを贈りたいですね。
出産祝いには、現金を贈る場合と品物を贈る場合があります。
身内は特に、すぐに使えるようなものを贈ることが多いようです。
贈る時期は、必ず赤ちゃんが無事に産まれてからになります。
そして、どんなに親しい間柄であっても、入院中や退院後すぐの訪問はお母さんにとっても赤ちゃんにとっても負担になりますので、産後少し経ってご自宅での生活が落ち着いた頃に訪問するといいでしょう。
スポンサーリンク



赤ちゃんの曽祖母・曽祖父から出産祝いを贈る場合

出産祝いの相場は、赤ちゃんのお母さんがご自身の孫である場合は3,000円から1万円程度です。
ご自身のお孫さんの子どもですから、たくさん贈りたい気持ちもあるかもしれませんが、相場はこのくらいです。
スポンサーリンク



赤ちゃんの祖父母から出産祝いを贈る場合

赤ちゃんのお母さんがご自身の子ども(義理の場合も含みます)の場合は、1万円から10万円程度を贈るのが一般的です。
ただ、これらの関係性の方の場合は、赤ちゃんとも新生活に向けてのはなむけという意味も含むために、家族によってもまちまちであるようです。
出産祝いの全てを現金で送る必要はなく、例えば一部は現金で贈り、残りは赤ちゃんのためのベビーグッズなどを合わせて贈るというのもありますね。
グッズとしては、ベビーベッドやベビー布団、ベビーカーなどの大きなものを贈ることが多いようですが、すでに赤ちゃんのご両親が用意していることも少なくないでしょう。
赤ちゃんのご両親の意向を確認しつつ、赤ちゃんのご両親や両家で品物が重複しないように調整しながら、みんなで赤ちゃんのための生活を準備していくことが何よりの出産祝いになるでしょう。
スポンサーリンク



赤ちゃんのおじ・おばから出産祝いを贈る場合

5,000円から3万円程度が相場のようです。

職場の同僚や先輩・後輩・友人などから出産祝いを贈る場合

5,000円くらいからの金額が相場のようです。
このくらいの間柄ですと、金銭を送るよりは品物で贈ることも多いのではないかと思います。
また、仲間内の何人かで贈るような場合は、合計金額を人数で割って金額を決めると良いでしょう。
もし、複数名で現金を贈る場合には、1万円や3万円というように、キリのいい数字になるようにします。

出産祝いに現金を贈る場合の注意

現金を贈る場合には、4や9などは不幸を連想させるとして嫌がられます。
また、相手方の感じ方もありますので、無難に奇数にした方が良いですよ。
これらの金額にならないようにして贈りましょう。
また、新札を用意して使うこともマナーの一つです。
スポンサーリンク



出産祝いを贈る時の決まり

お祝い事は形ではなく気持ちかもしれませんが、なるべくお互いの負担にならずにマナーを守った上で出産祝いを贈った方が気持ち良く受け取ってもらえるでしょう。
難しいことではありませんので、覚えておくといいですよ。

出産祝いを贈る時の水引(みずひき)について

水引は、紅白の蝶結びを選びます。
蝶結びは、何度でも結び直すことができるため、何度起こっても良いようなお祝い事の際に使われるものです。

出産祝いのご祝儀袋の表書きについて

表書きには、
「寿」
「お祝い」
「出産祝い」
などと書かれて贈ります。
スポンサーリンク



高すぎる出産祝いはマナー違反?

出産祝いのお返しを内祝いといいますが、この内祝いは贈られた金額の1/3から1/2の金額の範囲で行うのがマナーとされています。
そのため、あまりに高額な出産祝いは相手の方への配慮に欠けるということでマナー違反とされています。
お返しなんて気にしなくていい、と言われたところで、いただいたものをそのままにするわけにもいきませんし、お相手への負担が減るわけではありません。
また、品物にしても今はインターネットでおおよその金額が調べられてしまいますので金額を隠しておくことはできません。
双方にとって負担にならない金額でお祝いできるといいですね。

双子や三つ子の場合の出産祝いの金額

複数の赤ちゃんが生まれた場合は、人数に応じて1.5倍から3倍の金額にしてお祝いを贈ります。
しかし、その金額が負担になる場合は、お揃いの品物を色違いやデザイン違いなどで贈るといいでしょう。
スポンサーリンク



出産祝いに贈って喜ばれるもの

ご自身に子供がいない場合や、ご自身の出産から時間が経っていると、ママや赤ちゃんにはどんなものを贈っていいか分からなくて困ってしまいますね。
出産祝いに贈って喜ばれるものは以下のようなものです。

出産祝いにベビー服

赤ちゃんはだいたい50cmくらいで生まれてきます。
ですが、あっという間に大きくなってしまいますし、出産して間もない時期のベビー服は、ご両親が用意していることが多いと思いますので少し大きい80cmくらいのサイズがいいですよ。
季節も考え、半年くらい先を選ぶことをお勧めします。
ただし、赤ちゃんは体温が高いため、あまり厚着をさせる必要はないとされています。
夏であれば半袖やタンクトップのもの、冬であっても薄手の長袖のベビー服が実用的で喜ばれます。

出産祝いにおもちゃ

赤ちゃんといえばおもちゃ、というイメージですね。
新生児のうちはおもちゃで遊ぶことはないのですが、触れると音が出るようなものや、まだお座りもできないような赤ちゃんが横になっていても楽しめるようなメリー、少し大きくなった赤ちゃんが掴んで遊ぶことができるようなものなどは、喜ばれると思います。
また、音が出る本など、お父さんお母さんとのコミュニケーションを図りながら楽しめるものも人気があります。
スポンサーリンク



出産祝いは現金や商品券

近い相手であれば現金を贈るのも実用的でいいですね。
好みを考慮する必要もないので気軽に用意することもできます。
新札を用意することと、金額に4や9が入らないようにすることを忘れないようにしましょう。

お母さんへの出産祝いに

赤ちゃんへのプレゼントはどうしていいかわからない・・という場合は、お母さんへのプレゼントでも喜ばれますよ
出産後のお母さんは、新生児を連れてお買い物に行くというのがとても難しいです。
そして、出産後のお母さんにはちょっとした気遣いも必要になるので、そのあたりにマッチしたものを贈るといいでしょう。
たとえば、カフェインの入っていないハーブティー、コーヒー、紅茶など。
赤ちゃんのお世話をするのには手洗いを頻回にしていることが多いのでハンドクリームなど。
手は赤ちゃんに直接触れるので、香りや添加物を気にされることもありますね。
オーガニックのものにもいい香りがするものはたくさんありますので、そういった商品を選ぶといいです。
リラックス効果のあるアロマオイルなどもいいですね。
アロマストーンと一緒に贈れば電気を使わずに使えますし、オイルを垂らすだけなのでお手軽です。
スポンサーリンク



まとめ

出産祝いのイメージはだいたいつきましたか?
お祝いを贈る際のルールを守るのは大切なことですが、形式にとらわれてしまうと、贈り物選びはとても苦痛になってしまいます。
相手がどんな方で、普段はどんな暮らしをしているのか、どういった好みをしているのかを考えることで、喜んでもらえる贈り物をすることができるのではないかと思います。
難しいことを考えすぎず、かといってフランクになりすぎずに送ることができるといいですね。
どうしても自分で選びきれない場合でも、お店に行けばどんなものを選べばよいか相談に乗ってもらうこともできます。
実際に品物を見ると「これ!」というものに出会えるかもしれません。
どうぞ、出産祝い選びを楽しんでくださいね。
スポンサーリンク