阿波踊りの本場、徳島に負けない知名度と人気を誇るのが、日本三大阿波踊りのひとつに数えられる「高円寺阿波踊り」。その名の通り、東京の中央線沿線にある若者の街、高円寺で開催されるお祭りです。今回はそんな東京開催の阿波踊り「高円寺阿波踊り」についてご紹介します。
1957年(昭和32年)に高円寺の町おこしの一環として始まったのが「高円寺阿波おどり」。本場徳島の阿波踊りからの協力を得て誕生したため、徳島阿波踊りの血を引く阿波おどり祭りといえます。
毎年8月の最終土曜日と日曜日、高円寺駅を中心に開催され、本場徳島からも多くの連が参加し、お祭りを盛り上げています。首都東京で開催される阿波踊りだけあって、1万人の踊り子が集い、観客数は徳島に負けず劣らずの約120万人を動員する大イベントとなっています。
  • 開催日:例年8月の最終土曜日と日曜日に
  • 開催地:JR高円寺駅南北商店街一帯
  • 開催時間:17:00~20:00
スポンサーリンク



高円寺阿波踊りを見るなら桟敷席で!

JR高円寺駅から東京メトロ新高円寺駅にかけて8つの演舞場が設けられ、200近い参加連たちは、自慢の踊りを披露しながら各演舞場を巡ります。
そこで重要になるのは、どこで見るのか?ですが、高円寺阿波踊りでは、場所取りは禁止されています。そのため、桟敷席を手に入れるのがおすすめ。有料ではありますが、各連の踊りをゆっくり見比べながら楽しむことができるベストスポットです。
桟敷席を手に入れるには、1口6,000円(最大5口申し込み可)の協賛金を寄附し、そのお礼という形で桟敷席が1席分プレゼントされます。協賛の受付は毎年7月1日から始まり、ハガキもしくはHPで応募できます。
スポンサーリンク



穴場の演舞場は?

設けられる演舞場は「中央演舞場」「ひがし演舞場」「純情演舞場」「パル演舞場」「桃園演舞場」「みなみ演舞場」「ルック第一演舞場」「ルック第二演舞場」の8会場。
桟敷席が手に入らなかった場合、どの演舞場で見るのが穴場かというと、JR高円寺駅に近い「パル演舞場」、新高円寺駅に近い「ルック第一演舞場」「ルック第二演舞場」の3会場といえます。
この会場は比較的立ち止まって長時間見物する見物客が少ないため、しばらく待っていれば、前の方で観覧することが可能です。また、道幅も狭く踊り子たちをより間近で見られるのも魅力。
スポンサーリンク



必ずチェックしてほしい場所

必ず事前にチェックしてほしい場所、それは、トイレ。多くの来場者が訪れるお祭りだけあって、トイレはいつも大混雑です。特に小さいお子様と一緒の方は、早め早めに行動するのがよいでしょう。
スポンサーリンク



「高円寺阿波踊り」のアクセス情報

高円寺阿波おどりの会場は、JR中央線「高円寺駅」または東京メトロ「新高円寺駅」から歩いてすぐです。当日は交通規制があり大変混雑するので、車での来場は避けるのが良いでしょう。
スポンサーリンク



高円寺で本場徳島の熱気を!

高円寺阿波踊りは、そのはじまりからして徳島との関わりが深いお祭りです。現在も徳島からやってきた有名連が参加し、本場の踊りを披露してくれます。ぜひ、東京にいながら徳島に負けず劣らずの熱気を体感できる高円寺阿波踊りに出かけてみてくださいね。
スポンサーリンク