阿波踊りの本場は徳島です!日本三大阿波踊りのメインです!
スポンサーリンク



阿波踊りといえば、阿波踊り発祥の地、徳島県。そんな発祥の地で、毎年8月12日から15日までの4日間開催される「徳島市阿波おどり」は各地に広がる阿波踊り祭りの中で、最大であり、王道ともいうべき存在。
そればかりか、岐阜県「郡上おどり」、秋田県「西馬音内の盆踊」とともに日本三大盆踊りにも数えられる、日本を代表する踊りのひとつでもあります。そこで今回は全国にその名を轟かせ、徳島の暑い夏を熱く盛り上げる「徳島市阿波おどり」についてご紹介します。
スポンサーリンク



400年の歴史がある徳島の阿波踊りですが、その起源については諸説あります。そのひとつは、1586年(天正14年)、阿波国の大名に任じられた蜂須賀家政(はちすか いえまさ)が、徳島城を築城した際、村人たちに「城の完成祝いに好きに踊れ」とお触れを出し、2日間にわたって踊り明かしたのが“阿波踊り”の発祥と言われています。
その後、藍で財を成した商人たちが、年々阿波おどりを豪華にしていくなど、阿波踊りを愛する徳島の人たちによって阿波踊りは成長し、現在、参加する踊り連は約1,000団体、観光客は130万人以上という徳島の代名詞となる一大祭りへと成長しました。
  • 開催日:例年8月12日~15日
  • 開催地:JR徳島駅周辺
  • 開催時間:第1部 18:00~20:00、第2部 20:30~22:30
スポンサーリンク



阿波踊りはどんな踊り?

♪えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ、踊る阿呆(あほう)に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損々~♪でお馴染みの阿波踊りには、「男踊り」「女踊り」の2種類の踊り方があります。
「男踊り」は、腰を低くし、脇と肘を大きく外側に開いて八の字に構え、右足が出したら右手、左足を出したら左手を出し、個性的に、ダイナミックに踊ります。
一方、「女踊り」は、両腕を肩から垂直に伸ばし、両足のかかとは上げ、つま先立ちします。そして、右足を前に出したら右肩を、左足を出したら左肩を出し、品よく、艶っぽく踊ります。
スポンサーリンク



♪踊らな損々~「にわか連」で参加

動画は徳島新聞動画 TPV(Tokushima Press Video)さんです。
阿波踊りの醍醐味は、見るのはもちろんですが、“♪踊らな損々~”でもあるので、会場には、観光客でも気軽に踊りに参加できる仕組みが用意されています。
阿波踊りに出場する連の中に阿波踊りの超初心者でも参加できる「にわか連」という枠があり、事前の申し込みもいらず、服装も自由、さらに、参加費も無料というもの。踊り子からの直接レッスンとリハーサルを受け、演舞場デビューできます。
集合場所は、 徳島市役所市民広場、元町おどり広場の2か所で、時間は祭りの開催期間中、18:30と20:30の2回行われます。
スポンサーリンク



「徳島市阿波おどり」のアクセス情報

徳島市阿波おどりは、JR徳島駅周辺の各演舞場で開催され、それぞれの会場は「JR徳島駅」から徒歩約20分以内のところにあります。車を利用する場合は、高松自動車道、鳴門ICから約30分、徳島ICから約20分です。
スポンサーリンク



最大規模の阿波踊りで盛り上がろう

今でこそ、全国各地に広がる阿波踊り祭りですが、本場はここ徳島。参加する連は1,000団体にもおよび、親から子、子から孫へと踊りを繋いできた「阿波踊りの達人たち」が大集合します。
連ごとに披露される息のあったダイナミックな男踊り、艶っぽい女踊りは迫力満点です。ぜひ、徳島市阿波踊りで、徳島っ子の熱気を肌で感じてくださいね。
動画は徳島新聞動画 TPV(Tokushima Press Video)さんです。
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!