スポンサーリンク



秋分の日は会社がお休みになる日!そんなイメージしかないという人、いませんか?
はい、私です・・。
秋分の日にはお彼岸という意味があって、ある食べ物を食べるルールがあります。なにを食べるのかご存知ですか?子どもも大人も大好きなアレですよ!
スポンサーリンク



最近ではシルバーウィークという言葉が浸透したこともあり、秋分の日といえば9月の連休の中の1日というイメージを持たれがちです。
貴重な国民の祝日。「その日の意味なんか考えるより、今を楽しみたいんだ!」と思う人が多くいても仕方がないかもしれません。何を隠そう、私もその1人。9月は行楽シーズンとばかりに遊びまわっています。
でも秋分の日にある食べ物を食べるというルールは守ってあげてもいいかなと思います(上から目線)。食べるだけだし。で、何を食べるかというと・・おはぎです。
地域によっては「秋分の日に食べるのはおはぎじゃない!ぼた餅だ!」というところもあります。正直どっちでも良いじゃん・・と思うのですが、地元愛が強い人にはゆずれない部分のようです。終わらない、おはぎVSぼた餅論争。
では実際、おはぎとぼた餅はどう違うのでしょうか?
スポンサーリンク



おはぎとぼた餅はどこがちがう?

みなさん、頭の中に「おはぎ」と「ぼた餅」を思い浮かべてみましょう。どんな違いがありますか?私の中ではこんな感じです。
  • おはぎ→餅の部分に米っぽさがあり、ゴツゴツしている
  • ぼた餅→餅の部分がやわらかく、よりお餅らしい。三重県のおみやげで有名な「赤福」っぽい。棚から落ちてくる。
うちでは昔、おばあちゃんがお手製おはぎを作ってくれていたのですが、米粒がハッキリしすぎていて、おにぎりにあんこやきな粉をまぶしてる感じでした。だからなおさら、この印象があります。
ぶっちゃけ、米粒が残ってる状態だと「これ、ご飯じゃん!」って感じで、甘いあんこやきな粉と一緒に食べるのに抵抗がありました(ごめんよ、おばあちゃん)。
さて、このイメージの違いですが、あながち間違いでもないようです。おはぎとぼた餅の違いには諸説あり、その中のひとつとして、おはぎは米粒感を残した状態のもの、ぼた餅は米粒がなくなるまでついたものいう説があります。
他には、牡丹の花が咲く春のお彼岸に食べるのは「ぼた餅」、秋は「おはぎ」という説や、こしあんは「ぼた餅」、つぶあんは「おはぎ」という説もあります。
スポンサーリンク



秋分の日におはぎ(ぼた餅)を食べる理由は、実はよく分かってない

全国各地で勃発するおはぎVSぼた餅論争。そこまで熱心なら当然、秋分の日に食べる理由も知っているよね?と言いたいところですが、実はよく分かってないのが正直なところです。
おはぎに使われる小豆には魔よけの効果があるから・・という説がありますが、それがお彼岸(ご先祖様の墓参り)と何の関係があるのか、謎。
おはぎは栄養補給になって、秋の農作物の収穫で忙しいときのエネルギーチャージになるから・・という説にいたっては、「言いたいこと分かるけど、秋分の日と関係ない!」ってツッコみたくなります。
小豆ともち米が2つで1つになるのが、ご先祖様と子孫が心をひとつにすることを象徴しているみたいだから・・という説もあるようです。う~ん、これが一番しっくりくるかな?
こんな風にいろんな説がありますが、ご先祖様を思い出しながら食べるだけでも喜んでもらえるのではないでしょうか。
スポンサーリンク



まとめ

秋分の日は遊ぶ日と決めちゃっている人も、これを機にご先祖様のことを思い出し、おはぎをお供えしたり、食べてみてはいかがでしょうか?はい、私もそうします(反省)
ローカルルールがあったり、ルーツに諸説あったりと、あやふやなところがある秋分の日の食べ物ルールで、まとまりにイマイチ欠ける状態で終わりに近づいてきましたが、これだけは確かであろうと今回の記事で気付いて欲しいのは「大切なのはご先祖様への気持ちの日でもある」ということです。古くから伝わる風習を大切にしたいです。と、言い切って終わりにします。
スポンサーリンク