スポンサーリンク



夏から秋に変わり、衣替えを考える時期ですよね?
でも、まだまだ暑い日があるのではないかと思うと、なかなか収納が難しいのではないでしょうか。
そこで、衣替えのタイミングと収納のコツで「なるほど」と思ったものをご紹介します。
スポンサーリンク



毎年、「6月」「10月」は衣替えの時期です。
以前は、四季と気温の変化が同じように流れていたのに対し、今では季節が変わっても気温がすぐに変化するという事がないので、衣類の入れ替えをいつしたら良いのかと迷ってしまいますよね?
そもそも、衣替えの時期が決まっているのは何故なのでしょうか!
「その日に、自分で感じた気温に合わせて服を選べば良いのでは」、そんな風に疑問に思っている人でも、無意識のうちに衣替えをしているのです。
つまり、衣替えは強制的なものではなく、あくまで習慣によるものなのです。
スポンサーリンク



衣替えとは?

衣替えは平安時代から伝わるもので、宮中行事として年2回衣を替えるようになったのが始まりだと言われています。
時代が変わるなかで、着物の種類も増えるにつれ気候に合わせて年4回衣替えをするようになり、更に、洋服を着るようになると暦も新暦に変わったために夏服と冬服に分け、年に2回の衣替えをするようになったのです。
つまり、現在においても季節に合わせた衣類を着用する(着用できるように準備をする)という日本ならではの習慣が衣替えなのです。
スポンサーリンク



秋に衣替えする理由は?

例えば、服を選ぶときに自分が着たいと思う服ならば、それがどんな服でも迷わずに着ることができますか?
きっと、「今の時期に合っているか」「周りの目にはどう映るか」「どう感じるか」と、自分だけでなく、周りに与える影響も考えながら決めているのではないでしょうか!
日本は、四季のある国です。
そして、四季を大切にしているからこそ、自然と四季を感じられる服装をする習慣が身に付いていると言えます。
夏が終わったとはいえ、暑い日が続くとまだ夏服のままで良いのではと思いますよね?
でも、10月に入ると秋らしい装いを心掛けるようになるのではないですか?
半袖の服を着るにしても、いかにも夏らしい絵柄の物より、秋らしい色や柄を選んで着た方が馴染みますよね?
季節に合わない装いは、周りの人からの「暑苦しい」「寒そう」という何気ない一言から気付くものです。
その一言は、私達が日頃から季節感を気にしている証拠だと言えます。
ですから、一般的に浸透している10月1日を目安に夏物と秋物の衣類を入れ替えるようになったのです。
スポンサーリンク



夏から秋へ衣替えの準備は?

そろそろ涼しくなり、「薄手の長袖にしようか」と悩みだしたら、衣替えの時期が近付いた合図です。
夏の間に着用した夏物の手入れをして、「翌年も着るもの」と「もう着ないもの」に分け、着る物だけを防虫剤を準備して一緒に収納しましょう。
もう着ないものは、「リサイクルに出す」「捨てる」などして処分すると、スッキリと片付けることができます。
ですが、涼しくなってきたと言っても、まだまだ暑い日が突然やってくる事もあります。
反対に、急激に気温が下がることもあります。
その度にしまい込んだ服を「出す」「しまう」と繰り返し、いつまでたってもタンスの中が落ち着かない事ってありませんか?
スポンサーリンク



衣替えは2~3パターンに分ける

秋の衣替えは、2~3パターンに分ける方が良いでしょう。
一度に入れ替えるのではなく、「秋口に必要な薄手の羽織るもの」「少し厚手の服」「セーターや冬用の小物にコート」というように、変化に応じて出しやすいようにまとめて収納しておくと、出す時に分かりやすくて便利です。
また、急に気温が「高くなった」「下がった」などの、いざというときの為のものとして別に分けて収納しておくと、探す手間が省け、まとめてあるものを散らかしてしまう事も無くなります。
スポンサーリンク



収納したものが分からなくなるのはなぜ?

前の衣替えで、しまったはずの物が見つからないなんて経験はありませんか?
確かこの中にしまったはずなのにと、衣装ケースをひっくり返して見たけど見つからずに、別の衣装ケースの中に入っていたなんて事も良くある話です。
生活していく中で、年齢や環境、好みによって物は増えていくものです。
まして、使わなくなった物でも「後で使うかも」と大事にとっておくと収納も足りなくなります。
収納する場所がなくなると無理やりにでも詰め込んでしまうので、色んな物が混ざり合い、どこにしまったのかが分からなくなるのです。
スポンサーリンク



衣替えのタイミングで収納をスッキリさせる!

衣替えは、必要な物といらない物とを分け、いらない物を手放すための良いタイミングなのです。
衣類を収納ケースにしまう時は、どのようにしまっていますか?
1着ずつ確認しながら畳んでしまっているのではないでしょうか。
その時に何も考えずに全てしまってしまうと、次の衣替えで入れ替えをする時に物が増えていたとしたらどうなるでしょう。
いらない物に溢れ、必要な物が埋もれてしまうのではないですか?
埋もれてしまったものを探し出すのは大変ですよね?
しかも、物が多すぎることで必要な物が押しつぶされて痛みの原因やシワになり、使いたいときにすぐに使えないなんて事もあります。
いらなくなった物の中には、「購入した時の流行りの物」や「よく使っていた為に傷んでしまった物」などが溢れているのではないでしょうか。
必要な物といらない物をはっきりと分けることがスッキリと収納するための第一歩なのです。
スポンサーリンク



簡単おススメ収納術

収納する物の基準を決めておくと、必要な物といらない物を分ける時に迷うことが少なくなり、スムーズに仕分けをすることができるようになります。
例えば、その年のシーズンに使用していた物は、来年も使用する可能性が高いのではないでしょうか?
また、そのシーズンだけでなく前のシーズンでも使用しなかった物は、来年も使用する可能性が低い傾向にあるので、いらない物といえるのではないでしょうか。
このように、その年の使用の「有り」「無し」は、収納する必要性の「有り」「無し」を決めるための参考になるので、衣類の整理をする時には、1つずつ必要な物なのかを確認しながら収納すると良いでしょう。
また、クローゼットの奥に追いやられていて、その存在を忘れていた物が出てきたりした事はないですか?
その場合は、「気付いていれば使用したかもしれない物」なのか、それとも「気付いても使わなかった物」なのかで、来シーズンに「必要な物」なのか「いらない物」なのかを判断しても良いと思います。
スポンサーリンク



収納せずにいつでも出ている物

なかには、衣替えに関係なく収納せずに目につく所にある物はありませんか?
思い入れがあって常に出しておく場合もありますが、目につく所にあるのに気にも留めずにそのままになっている物もあるのではないでしょうか。
目についているにもかかわらず使用しないという事は、「自分にはもう必要がなくなった」という事ではないでしょうか?
思い出が詰まっていて手放せない物は、たとえ使用していなくても、無理に手放す必要はないと思います。
また、「思い入れはあるけれど、もう必要ないからどうしようか」と考えている物ならば、「必要な人に譲る」「ネットオークション」「フリマ」「リサイクルショップ」などの方法で無駄にしないという選択肢もあります。
このように、面倒でも1つ1つ分けていくことで必要な物だけが収納され、次の衣替えの時に物を探す手間が省けます
衣替えの度に仕分けすることを繰り返していくことで、新しく物を購入する時の参考にもなるのではないでしょうか。
スポンサーリンク



まとめ

秋は気温が少しずつ変化する季節なので、衣替えの時期になっても「何をしまって」「何を出そうか」と悩む事も多いと思います。
また、秋が来てもあっという間に冬が来るので、短い季節というイメージがあります。
「涼しいけどまだ大丈夫」と、油断していると突然気温が下がるので、すぐに対応できるような収納の仕方を心掛ける事をおススメします。
急に寒くなった時の為に、気温の変化に合わせた段階に分けて、収納を考えてみてはいかがですか?
スポンサーリンク