最近では、保険会社が様々な補償を提案していますが、情報が多すぎて何処を選んだらいいのか迷ったりした事はないですか?
そんな悩みに役立つ情報、保険会社の見極め方から補償内容の比較ポイントまで分かりやすくお話します。
自動車保険を契約する際に、何社か補償内容や保険料を比べてみて保険会社を選ぶと思いますが、その時に気になる事はなんですか?
保険料の違いですよね?
特に、生活の変化で車に乗る機会が少なくなり、保険料も高くて払うのが大変になると保険を見直したくなりますよね?
そこで、保険料が高いと言われる大手損害保険会社と保険料が割安だと評判のダイレクト系保険会社の違いと、その理由について考えてみました。
スポンサーリンク



代理店型保険料が高いのはなぜ?

でも、どうして大手の損害保険会社はダイレクト系保険会社と比べて保険料が高いのでしょうか。
それは、ディーラーや代理店の存在が関係しているからなのです。
あなたの保険は、どうやって入ったのですか?
ディーラーや販売店で車を購入した時に、同時に保険の説明があったのでそのまま加入を決めたのではないですか?
または、保険に入るために代理店を調べて連絡し、家に来てもらったり直接代理店を訪れたりして、保険の相談をして加入を決めたのではないですか?
現在、自動車保険加入者の約9割がこのようにして保険に加入していると言われています。
つまり、支払っている保険料の約15%~20%が、大手損害保険会社との仲介やサポートの役割をしている、代理店やディーラーに中間手数料として支払われるために、大手損害保険会社の保険料は高いのです。
スポンサーリンク



ダイレクト型保険料が安いのはなぜ?

ダイレクト型保険料が安い理由は、ダイレクト系保険会社が代理店を持っていないという事です。
つまり、中間手数料を支払う必要がないので、その手数料分をカットすることで大手の損害保険会社よりも安い保険料にすることが出来るのです。
その他にも、自社の保険を売ってもらうための代理店への営業の代わりに、コールセンターを運営し、ホームページを常に見やすく進化させていくことで、人件費の削減が出来るのも保険料を安く出来る理由なのです。
スポンサーリンク



自動車保険が必要な理由とは?

自動車保険には色んな種類があります。
自分の場合はどんな時に保険が必要と感じるか、どんな補償があると安心だと思うのか、それぞれ、加入する人の状況によって「必要な保険」「必要な補償」の「優先順位」が変わってきます。
まず、「どうして保険に入る(見直す)のか」
「どんな時にどんな事が心配なのか」
「支払う(支払う事が出来る)保険料の予想額」について考えてみて下さい。
この3つは、自分に適した保険を選ぶ最初のキーワードになります。
そもそも、車を運転する人が、みんながみんな事故を起こしたり、事故にあったりする訳ではありません。
保険に入っていても、使わずに済んでいる人も沢山います。
保険は万一の場合に備えて入るものなので、使わずに済む状態が理想なのです。
しかし、安全に絶対という事はありませんよね?
しかも、「自分は事故に合った事がないから大丈夫!」と過信しきって保険料の安さだけを優先した結果、補償内容が不十分では任意保険に加入する意味が薄れてしまいます。
もし、仮に事故を起こし加害者になってしまったらどうなるでしょうか!
保険会社があなたに代わってしてくれる補償は、契約の範囲内です。
不十分な補償内容の保険では、被害者の方への十分な補償は出来ません。
あなた自身が補償することになります。
その点から考えても、自動車保険は必要な保険で、その中でも補償内容は重要だと言えます。
スポンサーリンク



3つの重要な自動車保険とは?

絶対に軽く考えてはいけない保険が3つあります。
1つ目は「対人賠償保険」で、車を運転していて他人を死傷させてしまった時に賠償する為の保険です。
もし、事故起こし加害者になった場合、賠償金を支払わなくてはならなくなります。
今では、1億円を超える賠償判決が下ることもあり、保険額の上限を設けない「無制限での加入」が安心です。
2つ目は「対物賠償保険」で、他人の財物に与えた損害を補償する保険です。
建物に損害を与えた場合などは、やはり1億円を超える損害が生じる事も珍しくはありません。
「対人賠償」と同じように「対物賠償」も「無制限での加入」が安心です。
3つ目は「人身傷害保険」で、乗車中の人が死傷した時に補償する保険です。
多くの保険会社が保険金額の下限を3,000万円に設定しています。
休業補償などを含めても、保険金が3,000万円あれば多くの事故をカバーできると考えられているため、保険金額を3,000万円に設定する加入者が多いようです。
中には5,000万円で設定する加入者もおり、最高で無制限に設定して加入することも可能です。
私が加入している保険も、「対人対物は無制限」で人身は「3,000万円」で設定しています。
スポンサーリンク



必要に応じて入ると助かる自動車の車両保険とは?

私の周りで、入っていて助かったと良く耳にするのが「車両保険」です。
「車両保険」は、事故や不注意などで自分の車を傷つけてしまった時に補償してもらう事が出来る保険です。
しかし、車両保険は補償される金額に比べて保険料が割高なため、加入していない人が多い保険でもあります。
人それぞれの価値観によって、必要性に大きな差があるので、無理をしてまで入らなくても…。
と、考える人も多いのです。
例えば、高級車で
「事故を起こした時の修理代が高くて払えない!」
「補償がないと厳しい!」
という人は、車両保険に必要性を感じている人と言えますよね!
スポンサーリンク



自動車保険の細かい補償!比較の方法は?

自動車保険といっても保険会社によって様々な補償内容やサービスがあります。
もちろん保険料も違います。
自分にとって、どんな補償が必要でどんなサービスがあると、いざという時に安心なのかを考えた時に、1社の商品だけでは本当にこの保険で良いのかと不安になりますよね。
「もっと安心できる補償があるのではないか?」
「同じような補償で、もっと保険料が安くならないのか?」
「もう少し話を聞いて検討したい!」
「担当者の説明が良く分からない!」
など、不安になる理由も様々です。
比較する方法としては、保険の事は保険のプロに聞くのが一番ですが、大まかな補償内容だけならインターネットで調べる方法や、保険会社に資料を請求して届いた資料を見比べて自分で確認する方法もあります。
ただし、保険料や補償内容の細かい決まり事などを詳細に知りたいという方は、保険会社のコールセンターへの問い合わせや、保険のプロに聞くのが確実な方法です。
スポンサーリンク



ダイレクト型自動車保険の特徴

「ダイレクト型」自動車保険は、「通販型」自動車保険とも呼ばれているようにインターネットや電話を介して、契約者と保険会社が直接契約を結ぶ自動車保険です。
代理店を必要としないので、ダイレクトならではの割引が出来るために、一般的には代理店型に比べ、保険料が安く済むのです。
補償内容についての相談や説明などは、電話やメールでのやり取りが中心になるので、まずは自分で事前に情報収集してから質問したい事をまとめ、担当者に相談や見積もり依頼をすることになりますが、納得できるまでプランを比較・検討できるので、じっくり考えたい人にはお勧めです。
申し込み手続きなどは24時間いつでも可能で、郵送やインターネットから出来るので代理店型のように店舗に出向くまたは、手間が省けるのもダイレクト型保険の特徴です。
スポンサーリンク



代理店型自動車保険の特徴

損害保険だけでなく、生命保険など自動車保険以外の保険全般をまとめて1つの所で契約できるという理由で代理店型を選ぶ人もいます。
店舗で担当者と直接保険の相談ができ、プロのアドバイスを受けながら納得のいく補償内容を検討することが出来ます
また、ほとんどの手続きを担当者が代行してくれるので、面倒な手間を省く事が出来るのも代理店型の特徴です。
担当者に直接会っているので、事故にあった時でも相談しやすいですよね。
私も、某大手損害保険会社の自動車保険に加入していますが、私の場合は夫の学生時代からの友人が代理店を経営していて、昔から保険全般をその友人に任せています。
保険の契約や見直し、新しい商品が出たときのお知らせに、こまめなアフターケアと何かと親身になってくれるので安心して任せてしまっています。
友人という事を除いても、やっぱり担当者のアフターケアがあるというのは安心できますよね。
まして、自動車事故は自分が起こしても、巻き込まれたとしても、不安なものです。
担当者の顔が見えるという点では、代理店のメリットは大きいと思います。
スポンサーリンク



まとめ

自動車保険は、もしもの事故の時に備える保険です。
そして、その補償内容やサービス内容の必要性は人それぞれの事情や状況、価値観などによっても違ってきます。
いつ、どんな時に起こるかもしれない自動車事故!
不安だからこそ、
「頼れる補償」
「頼れる担当者」
「頼れる保険会社」
を選ぶのが、あなたにとっての一番のメリットです。
スポンサーリンク