圧力鍋でお肉を使う場合のオススメレシピは?お肉を使う場合
圧力鍋を使うと料理時間が時短できたり、お肉も柔らかくなり、美味しくなる!
というのはレビや雑誌でよく見かけるはずです。
そのため圧力鍋がある家庭も少なくないのではないでしょうか。
ただ、圧力鍋をいざ買っても使い方がよくわからず、そのままほとんど使っていない…という場合も。
ちょっと勿体無いですよね。
そこで今回は圧力鍋を使ったおすすめレシピなどを見ていきます。
スポンサーリンク



圧力鍋というとどんな料理のイメージがありますか?
やはり煮込む料理のイメージが強いはずです。
中でも15分以上煮込むような料理に向いています。
具体的にいうとかたまり肉を煮たり、豆類の煮物を作るにも最適です。
また根菜類なんかもなかなか火が通りづらいのですが圧力鍋があると簡単に煮込むことができます。
他には骨も食べられるような魚だったり、鶏肉などいい出汁の出る食材、また硬いすじ肉なんかも柔らかく美味しく仕上がります。
また意外ですが白ご飯を圧力鍋で炊くとモチモチになるのでおすすめです。

圧力鍋を使った肉レシピとは

スポンサーリンク



圧力鍋に向いている料理についてわかったところで今度は中でも幅広く活用できるお肉を使ったレシピを紹介していきます。

チャーシュー

圧力鍋というとやはりかたまり肉をほろほろになるまで煮込むというのが定番ですよね。
チャーシューも簡単にできます。
まず豚肩ロースにネットを巻いてサラダ油とニンニクと一緒に全面を焼いていきます。
焦げ目がつくまでです。
そしてネギと生姜、―醤油、みりん、お水、砂糖、はちみつとともに圧力鍋にかけます。
だいたい30分くらいしたら1時間放置して完成です。

手羽元煮

鶏肉も圧力鍋で煮込むと柔らかく仕上がります。
まず圧力鍋にニンニクと生姜、醤油と水、砂糖、酢を入れて沸騰させて手羽元を入れます。
そして蓋をして10分加熱します。
その後蓋を開けて煮汁がなくなるまで煮込んだら完成です!

豚バラと根菜類の煮物

まず豚肉を食べやすい大きさにカットし、人参とごぼうも適度な大きさに切ったら鍋に水、醤油、砂糖、みりんを入れて火にかけます。
砂糖が溶けたら具材を鍋に入れて5分加熱しましょう。
これで完成です。
なかなか火が通りづらいイメージもあるごぼうですが味もしっかりしみて美味しく仕上がりますよ。

ビーフシチュー

ビーフシチューも圧力鍋では定番のレシピです。
まず牛すじ肉に塩胡椒をして圧力鍋でニンニクと共に表面の色が変わるまで焼きます。
そして人参、玉ねぎ、じゃがいもを入れて軽く炒めたら水を入れ沸騰させ、アクを取り除いたら赤ワインやローリエを入れて蓋をして圧をかけます。
大体20分前後でお肉も柔らかくなっているのでそこにルゥを入れて少し煮たら完成です。
いつものビーフシチューがワンランクアップすること間違いないなしです!

鶏肉のトマト煮

鶏モモ肉とじゃがいも、人参、玉ねぎを切って鶏肉には塩胡椒をしておきます。
そしてこれらを圧力鍋に入れたら、さらに水煮大豆とコンソメを入れて圧をかけます。
おもりが揺れ、5分くらいでしばらく放置し圧が抜けたら今度はおもりと蓋をとってトマトジュースと塩、砂糖を入れてさらに5分ほど煮ます。
これで完成です。このスープ、スープパスタにもできるので余ったら活用してみてください。

まとめ

いかがでしたか?
使いこなすのは難しそうなイメージも強い圧力鍋。
しかし和食にも洋食にも活用できるので意外と使い勝手は良いようですね。
今回挙げた他にももっとたくさんの圧力鍋を使ったレシピはあります。
魚や野菜がメインのメニューもたくさんあるのでどんどん活用してみてくださいね。
またこれから購入される方は、どんなものを作りたいのかイメージしておくと自分にぴったりのものが見つかるはずですよ。
時短になって、なおかついつもの料理が美味しくなる圧力鍋でお店の味に挑戦してみてください!
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!