アスベスト調査に関する義務とは?賃貸物件を安心して借りてもらう為に。
私たちが生活するなかで健康面に悪影響を与えるものとしてアスベストが問題にあがります。
リラックスするはずの家で逆に病気になる言うことは避けたいものです。
賃貸物件などはアスベスト調査の有無によって借り手や家賃相場にも影響が出てきかねません。
アスベストとは何か?
アスベストが体に及ぼす影響とは?
アスベスト調査に関する義務について改めて考えてみましょう。
スポンサーリンク



アスベストとは日本語で石綿(いしわた)と呼ばれる天然鉱物繊維で建築材料として広く使われていました。
主に耐火材や防音材として吹き付けて使われていました。
アスベストの繊維は非常に細かく、空気中に浮遊するアスベストを人が吸い込むことでの健康被害
私たちが生活するなかで健康面に悪影響を与えるものとしてアスベストが問題にあがります。
リラックスするはずの家で逆に病気になる言うことは避けたいものです。
賃貸物件などはアスベスト調査の有無によって借り手や家賃相場にも影響が出てきかねません。
アスベストとは何か?
アスベストが体に及ぼす影響とは?
アスベスト調査に関する義務について改めて考えてみましょう。

アスベストとは

アスベストとは日本語で石綿(いしわた)と呼ばれる天然鉱物繊維で建築材料として広く使われていました。
主に耐火材や防音材として吹き付けて使われていました。
アスベストの繊維は非常に細かく、空気中に浮遊するアスベストを人が吸い込むことでの健康被害があることを受け、日本では1975年(昭和50年)には重量5%を超えるアスベストの吹き付けが禁止されて以降も1995年(平成7年)、2004年(平成16年)と改定を重ねアスベストの使用を抑えていましたが、結衣に2006年(平成18年)には重量0.1%を超えるアスベストを含む製品の製造・使用が禁止となりました。

健康被害

アスベストの肉眼では目視しにくいような細かい繊維が体内に吸引されてしまうと肺に付着・滞留したアスベストが要因となり肺線維症や悪性中皮腫の原因となり、また肺がんになるという可能性が調査報告がされています。
アスベスト工場やアスベストを使用していた建築関係者などに特に症状が出ているようですが、アスベストが露出して吹き付けてあるような場所だと劣化によって少しづつ空中に飛散してしまっている可能性があります。事務所や駐車場などに露出して吹き付けるタイプのアスベストが使用されていることもあります。
一般家庭では天井内や壁の内部にスレート状に固めたアスベストを使用している場合は飛散の可能性は低いとされています。

アスベスト調査に関する義務とは

最初にアスベストに対する規制がされた1975年(昭和50年)より前の建築物にはアスベストが使用されているものも多く、またそれ以降も1995年(平成7年)に重量1%を超えるアスベストの吹き付けが禁止になるまでは重量5%以下のアスベストがまだ吹き付けられていたり、2004年(平成16年)に重量1%を超えるアスベストを含む建築材料や接着剤・摩擦材などが禁止になるまではアスベストを含む建築材料が使われていたところもある可能があります。

時などにアスベスト調査

工事や改修工事などをする際にはアスベス.の事前調査が必要です。
2006年(平成18.年)9月以降、つまりアスベストのほぼ全面禁止以降に建てられた建造物にはアスベスト建材は使用されていないはずですので、事前調査はそれ以前に建てられている建造物が対象となります。

調査結果の提示義務

アスベストの事前調査をしたら、その調査内容を工事が始まる前に発注者に伝える義務があります。
工事受注者は事前調査した結果を公衆に見えやすいところに提示する義務があります。
アスベストを含んだ建造物を解体・改修するにあたり、アスベストを剥がしていく行程中に周囲に飛散して被害が及ばないようにするために必要なこととなります。
衆に見える様に調査結果を提示するのも周囲の人々やその建造物の近くを通る人々に知ってもらうことで安全性、危険性を呼びかけることにもなります。

の提示義務

賃貸物件の場合、アスベスト調査をしたかどうかの有無を借主に伝える義務があります。
(2006年9月以降に建てられた物件は除く)

もしアスベスト調査をしていなければ、アスベストが使用されていると思われることで問題もおきてきます。
  • 借り手が付きにくい
  • 家賃を下げる
  • もし自然災害で建物が破損し、アスベストが飛散してしまったらそれに対する損害賠償が発生してしまう可能性がある
ただ、アスベストの事前調査や除去作業にはかなり費用が掛かってしまうのが現実
もしアスベストがあればそれを除去するのに30万円~50万円、もしくは建物の大きさアスベストの使用範囲によってはそれ以上かかってしまうかもしれません。

最後に

アスベストは日本だけで起こっている問題ではなく、世界の至るとこで問題となり禁止となっています。
とってしまいましたが、国民皆が安全に暮らしていける環境になる事を望んでいます。
があることを受け、日本では1975年(昭和50年)には重量5%を超えるアスベストの吹き付けが禁止されて以降も1995年(平成7年)、2004年(平成16年)と改定を重ねアスベストの使用を抑えていましたが、結衣に2006年(平成18年)には重量0.1%を超えるアスベストを含む製品の製造・使用が禁止となりました。

健康被害

アスベストの肉眼では目視しにくいような細かい繊維が体内に吸引されてしまうと肺に付着・滞留したアスベストが要因となり肺線維症や悪性中皮腫の原因となり、また肺がんになるという可能性が調査報告がされています。
アスベスト工場やアスベストを使用していた建築関係者などに特に症状が出ているようですが、アスベストが露出して吹き付けてあるような場所だと劣化によって少しづつ空中に飛散してしまっている可能性があります。
事務所や駐車場などに露出して吹き付けるタイプのアスベストが使用されていることもあります。
一般家庭では天井内や壁の内部にスレート状に固めたアスベストを使用している場合は飛散の可能性は低いとされています。
スポンサーリンク



アスベスト調査に関する義務とは

最初にアスベストに対する規制がされた1975年(昭和50年)より前の建築物にはアスベストが使用されているものも多く、またそれ以降も1995年(平成7年)に重量1%を超えるアスベストの吹き付けが禁止になるまでは重量5%以下のアスベストがまだ吹き付けられていたり、2004年(平成16年)に重量1%を超えるアスベストを含む建築材料や接着剤・摩擦材などが禁止になるまではアスベストを含む建築材料が使われていたところもある可能があります。

時などにアスベスト調査

工事や改修工事などをする際にはアスベス.の事前調査が必要です。
2006年(平成18.年)9月以降、つまりアスベストのほぼ全面禁止以降に建てられた建造物にはアスベスト建材は使用されていないはずですので、事前調査はそれ以前に建てられている建造物が対象となります。

調査結果の提示義務

アスベストの事前調査をしたら、その調査内容を工事が始まる前に発注者に伝える義務があります。
工事受注者は事前調査した結果を公衆に見えやすいところに提示する義務があります。
アスベストを含んだ建造物を解体・改修するにあたり、アスベストを剥がしていく行程中に周囲に飛散して被害が及ばないようにするために必要なこととなります。
衆に見える様に調査結果を提示するのも周囲の人々やその建造物の近くを通る人々に知ってもらうことで安全性、危険性を呼びかけることにもなります。

の提示義務

賃貸物件の場合、アスベスト調査をしたかどうかの有無を借主に伝える義務があります。
(2006年9月以降に建てられた物件は除く)もしアスベスト調査をしていなければ、アスベストが使用されていると思われることで問題もおきてきます。
  • 借り手が付きにくい
  • 家賃を下げる
  • もし自然災害で建物が破損し、アスベストが飛散してしまったらそれに対する損害賠償が発生してしまう可能性がある
ただ、アスベストの事前調査や除去作業にはかなり費用が掛かってしまうのが現実
もしアスベストがあればそれを除去するのに30万円~50万円、もしくは建物の大きさアスベストの使用範囲によってはそれ以上かかってしまうかもしれません。

最後に

トは日本だけで起こっている問題ではなく、世界の至るとこで問題となり禁止となっています。
とってしまいましたが、国民皆が安全に暮らしていける環境になる事を望んでいます。

みんな読んでいる関連記事!