小さい子どもは汗疹できやすいですよね。

特に夏は大量の汗をかくので、
気が付くと汗疹が出来ていたりします。

かゆみを伴う汗疹の場合は、

無意識にかきむしってしまい
傷がついたりします。

そうならないように早めの予防や

かゆみを抑えるための薬を
上手に使用し子どもの肌を守りましょう。

子どもと大人では汗のかき方が違います。
年齢を追うごとに新陳代謝も悪くなり

汗をかかなくなってしまいます。

しかも、子どもと大人の汗の出る管

「汗管」の数はほぼ同じにもかかわらず、

子どもの方体が小さい為、

大量に汗をかいた時に
汗が外に出きらず皮膚の中に留まり
炎症を起こし汗疹となってしまいます。

かゆみを伴わない水晶様汗疹なら

気づかないうちに2~3日で
治っていたりしますが、

かゆみを伴う赤色汗疹は子どもには

ちょっと辛いです。

子どもはかゆくなったらかくのを

止められないですし、
寝ている時にかいてしまっています。

かいて傷が出来てしまったところに

雑菌がはいり「とびひ」に
なってしまうこともあるので
早めの処置をしてあげた方がいいです。

スポンサーリンク



汗を抑えて汗疹予防

夏は暑さと湿気で大量の汗を

かいてしまいます。

汗をかいても

細目にケアしてあげることで
汗疹を抑えることができます。

  • たくさんの汗をかいたら、濡れた服をそのままにしておくのではなく着替えさせてあげる。
  • 清潔なタオルで汗を拭きとる。
  • 軽くシャワーを浴びる。(熱いシャワーやお風呂は、出た時に余計に汗をかいてしまいます。)
  • 通気性や吸水性の良い服を着せる。
汗をかくことで自身で体温調節できる

体をつくっていくので、
汗はかいた方がいいです。

エアコンのきいた部屋で

快適に汗をかかず
いつも過ごしていると、

汗をうまくかけずに

夏バテしやすくなってしまいます。

エアコンは上手に使いましょう。
夏に車のチャイルドシートに

子どもを乗せると、
エアコンを点けていてもやっぱり背中に
汗をよくかいていました。

タオルを挟んだりクールシートを

挟んだりして予防してください。

スポンサーリンク



汗をかきやすい部分を抑える

汗をかきやすい部分、

つまり汗疹になりやすい部分は、
首・お腹・背中、

そして子どもは

頭にもよく汗をかきます。

赤ちゃんはおむつをしているので

お尻まわりは
特に清潔に保ってあげてください。

汗疹は子どもだけでなく、

大人も首・お腹・背中に
出ることがあります。

私も仕事が外回りは多かったので

首まわりに汗疹が
できてしまったことがありました。

隠れない部分なので

ちょっと恥ずかしかったです。

スポンサーリンク



汗疹の薬は何がいい?

汗疹をかきむしって

ひどくなってしまう前に
薬で抑えてあげるのも
一つの方法です。

でも子どもは時に

なかなかじっとしてくれなかったり、
薬を塗るのを
嫌がったりすることもあります。

子どもに塗りやすい薬は

どんなタイプのものがあるのでしょうか。

スポンサーリンク



パウダー

市販で手に入れやすいですし、

さらさら感と匂いがいいので
私自身に使用していましたが、

白くなるのと

更に汗をかいてしまった時、

粉が固まって首の

しわに沿って白い線が
出来てしまうのが残念です。

子どもには赤ちゃんの時に

お尻には何度か使用しましたが、

粉が飛んで口や鼻から

入ってしまうとか、
粉が毛穴に詰まってしまう等の
意見もあります。

スポンサーリンク



ローション

全体に広がりやすく、

べたつきもほとんどないので、
じっとしてくれない
子どもにも塗りやすいです。

スポンサーリンク



軟膏

ピンポイントで塗りやすく、

やわらかい軟膏なら
広がりやすいです。

皮膚科に行くと

軟膏タイプの薬を
もらうことが多いです。

ステロイドが入ったものは

心配という人もいます。
(私もそうでした)

ただ、症状は早く

落ち着いていきます。

医師と相談して

容量をきちんと守ってください。

スポンサーリンク



パウダークリーム

クリームなのにべたつきがなく、

塗ったあとパウダーのような
さらさら感がもてますので
爽やかに保てます。

スポンサーリンク



おわりに

薬を使用する際は、

アレルギーなど
お子さんの肌の状態もありますので、

薬剤師さんや

医師に相談してください。

すでにかきむしってしまった時は

「とびひ」など
別の感染症に発展する
可能性も出てくるので、

その時は

早めに皮膚科に行ってください。

汗疹は夏になりやすいですが、

冬でも暖房の効きすぎや
寝ている時に汗をかいて
汗疹になることもあります。

小さい子どもは体温が高めなので、

布団も服も大人より1枚少なくて
丁度いいそうです。

子どもの肌を清潔に保って

感染症を引き起こさないように
気を付けてあげてください。

スポンサーリンク