夏は特に冬でも

一年中脇汗は気になります。

夏はまだ薄着だし

ノースリーブの時もあるので
細目に拭き取ったりできますが、

冬は厚着をしていて

暖房の効いた場所や乗り物に乗ると
一気に汗が出てきて蒸れたりします。

臭いも冬の方が気になったりもします。

汗を止めてくれる
クリームなどがあれば嬉しいですね。

スポンサーリンク



よく夏に服の脇の所だけが

濡れてしまっている人を見かけます。

そんな時、

私は大丈夫かなと
気になってしまいます。

また細目に拭いたり

風通しを良くしてみたりして
気を付けているのに

何度か洗濯をしているうちに

脇の所に黄ばみが残っていることに
気がついたりします。

誰しもあることなので

気にしないのが一番だとは思いますが、
やっぱり気になったり恥ずかしいと
感じたりしますよね。

スポンサーリンク



脇汗の原因

脇には汗腺が集まっているので

汗がでやすい部分です。

脇でふさがれているので

蒸発もしにくいです。

ではどんな時に

脇汗をかくことが多いのでしょうか?

緊張・ストレス

緊張すると心拍数があがり、

心臓に近い脇に
汗をかきやすいともいわれます。

緊張すると脇や手など部分的に

汗をかきやすくなります。

また限られたところにだけある

アポクリン腺という
臭いを伴う汗をかく汗腺が脇にあり、

緊張するとこのアポクリン腺からも

汗が出て臭ってきてしまいます。

脇汗が気になると

それがストレスになり、
余計に脇汗を出してしまいます。

気持ちがほぐれるように

自分なりのおまじないをしてみたり、

手のひらや手首の横にある

緊張をほぐすツボを押してみるのも
いいかもしれません。

脇汗をかき始めても気にしないように

気持ちを
変えるようにしてみてください。

運動不足

運動不足などで全身に汗をかくことが
あまりなかったりすると

顔や頭、動いていることの多い脇など
部分的に
汗をかきやすくなってしまいます。

また、汗をかかないことで

汗腺の臭いを再吸収する機能が
うまく働かず、

汗と共にアンモニアや

尿素が一緒に出てしまい
臭いの原因ともなります。

普段から運動して汗をかいたり、

サウナで全身に汗をかくことで
脇汗の量が減ります。

また汗腺も活発になるので

臭いも軽減されます。

スポンサーリンク



脇汗に有効なアイテム

普段から緊張をほぐす努力をしたり

運動をして全身に汗をかく
ということが
なかなかできない人もいます。

そんな時は

制汗剤やクリームを使用して
ストレスを
減少させてみてはいかがでしょうか。

汗脇パッド

テープが付いているので

服の脇の所に貼って使用します。

ちょっとゴワゴワ感が

気になるかもしれませんが、

服に付く汗染みが

気にならないので黄ばみになる
心配がありません。

生地の薄い服だと腕を上げた時に

パットが服の上からでも見えてしまう
可能性があるので、

パットをつけているのが
分かりにくい服で

使用することをおすすめします。

制汗スプレー

汗の量を減らしてくれるスプレーです。

清涼感もあり香りの種類も豊富です。

バッグなどに入れて

持ち運びやすいように
小さいサイズもあるので、

家用とお出かけ用に

持っておくのもよいです。

間違いやすいのは、

デオドラントスプレーは
臭いを軽減するもので汗が出るのを
抑えてくれるものではありません。

スティック・ロールオン制汗剤

汗が出て欲しくないところに
直に塗るので、

スプレータイプよりも
汗を止める効果があります。

また、手を汚すこともないですし、

携帯するのに
丁度いい大きさなのでお手軽です。

スティック制汗剤は

スティックのりのように固形です。

ロールオン制汗剤は

先端の球が回りながら
中から液体が
球について出てくるものです。

制汗クリーム

こちらもスティックや

ロールオンのように
肌に直接塗るクリームです。

汗を止める効果が

他に比べてかなり高いです。

男性ももちろん使用できますが、

脇の処理をした状態で使用した方が
効果が高いのでどちらかというと
女性向きかもしれません。

クリームなので

手はよごれてしまいますが、
塗った後もべたべた感がなく
サラサラする制汗クリームもあります。

高いものだと

1万円近くするものもあります。

制汗剤だとわかりにくい容器なので

携帯していても気になりません。

汗を抑えたいというより、

汗を止めたいという人におすすめです。

肌に合わない方もいると思いますので、

異常があった場合は
使用をやめてください。

スポンサーリンク



おしまいに

脇汗のでる量によって

使用するアイテムは
違ってくると思います。

ご自身にあったアイテムや制汗剤を

使用して快適に過ごしてください。

スポンサーリンク