歴史ある京都で5月に行われる祭りといえば、葵祭(あおいまつり)です。京都最古の祭りであり、京都三大祭にも数えられる葵祭。平安時代の貴族の世界が味わえる貴重な祭りとして知られています。ここでは、そんな葵祭の見どころについてご紹介します。
葵祭は、京都市の下鴨神社上賀茂神社による毎年恒例のお祭りです。正式名称は賀茂祭(かもまつり)といいます。京都最古の祭りであるとともに京都三大祭にも数えられ、平安時代では「祭」といえば、この葵祭を指すほどでした。
開催日は毎年5月15日。
雨天の場合は翌日に順延され、両日ともに雨だった場合は中止となります。
スポンサーリンク



葵祭の歴史

葵祭は、およそ1400年前に始まった祭りです。当時天候が荒れて作物が実らなかったため、国民の安泰を祈るために行われました。その後は平安時代の国家行事となり、現在では勅祭(ちょくさい)のひとつとなっています。

祭(ちょくさい)とは天皇の使者が派遣される祭りのことです。そのため、葵祭では平安時代の王朝風俗の伝統が再現されます。
一般的なお祭りといえば「お祭り騒ぎ」という言葉があるほどにぎやかなものですが、葵祭はひと味違います。平安貴族の雰囲気が味わえる、日本でも数少ないお祭りなのです。
スポンサーリンク



葵祭の見どころ

葵祭の平安時代の装束に身を包んだ行列です。装束には葵の花が飾られているのが特徴的。行列は本列斎王代列の2種類があります。
本列の見どころは、行列の主役でもある勅使代(ちょくしだい)です。紫式部による『源氏物語』では、光源氏がこの勅使を勤めたことでも知られています。
斎王代列の見どころは、斎王代(さいおうだい)です。平安時代には皇族の女の子が選ばれていた斎王ですが、現在では未婚の地元女性が選ばれて代わりを勤めています。
スポンサーリンク



葵祭行列のコース

例年、行列は午前10時30分ごろに京都御所を出発します。
その後、丸太町通、河原町通をめぐって、約1時間後に下鴨神社に到着。
ここで路頭の儀という祭儀を行った後、午後2時20分ごろに出発。
下鴨本通、北大路通、北大路橋、賀茂川堤をめぐって、約1時間後に上賀茂神社に到着します。
地図では上にスクロールすると、京都御所、下鴨神社、上賀茂神社の順に見えてきます。

葵祭で平安貴族の世界を体験

現代ではなかなか味わえない平安貴族の優雅な世界観を味わえる葵祭。見ごたえ十分の行列を長時間にわたって見ることができるのがとても嬉しいですね。ぜひ、京都まで足を運んでみてくださいね。
スポンサーリンク