スポンサーリンク



アニメ業界では2010年を境にテレビ制作など、堅実な成長をしていると言われていますが、それだけ、アニメ業界が盛り上がっていると言ってもいいんじゃないでしょうか。
日本だけに留まらず、海外にも広がりを見せていて、アニメサイトを利用している人も多いです。
代表的な例は日本の国民で知らない人はいないくらいの国民的アニメ「ドラえもん」が全米で放送されていて、人気があるのだそうです。
海外の人たちにも受け入れられていると思うとなんだかうれしくなりますね。
スポンサーリンク



数多くあるアニメジャンルがそろっていて、好きな時間にいつでも利用できるアニメサイトをあなたは知っていますか?
私自身も利用した事がなかったので、アニメ大好きなので利用してみることにしました。
中には無料のサイトもありますが、テレビ放送中のものも見ることができたり、見放題で、金額は月額約400円から600円ぐらいです。
公式のものをお勧めします。
いろいろな情報を知ることができたりします。
子どもの頃夢中で見ていたアニメもあって、少しうれしくなりました。
ふと、昔好きだったアニメとか、アニメ映画を見たくなる時がありますが、是非このサイトを利用して、昔ならではの良さが詰まったアニメを楽しみたいと思います。
スポンサーリンク



自分の好きなジャンルのアニメを楽しもう

あなたの好きなアニメジャンルは何ですか?
種類が多すぎて迷ってしまいます。
特にこれって決めないで、いろいろ見てみるのもいいですね。
意外と違った楽しみ方を見つけられるかもしれませんから。
同じジャンルが好きな人と一緒に見て語り合ったりするのもまた違った楽しみ方の一つですね。
私個人的には泣けるアニメが大好きです。
「母をたずねて三千里」なんて「マルコっ」って叫ぶお母さんを想像するだけでやばすぎる。
うるうる通り越して、号泣。
今でも急に見たくなったりしますね。
泣いてしまいたい自分がいるんでしょうか。
思い出いっぱいのアニメ、あなたもお持ちですか?
ここ最近は、アニメ映画を子どもと一緒に見る機会が多いので、神アニメ、主人公最強アニメ、ミュージカルアニメがメインです。
一緒に見ることでお互いの意見を言い合ったり、違った角度から見ることができたりと、以前とは違った楽しみ方ができています。
スポンサーリンク



日本アニメは海外ではどう思われているのか

「ひつじのショーン」というかわいい羊たちが主人公のアニメを知っていますか?
私も見たことはありますが、イギリス制作で、クレイアニメーションという粘土を使用する技法で作られているというところまでは知らなかったです。
一見子ども向けと思われがちなショートアニメなんですが、ユーモアがたっぷり含まれていて、新鮮なアニメ感を感じました。
是非あなたにも見てほしいです。
海外のアニメが日本でも受け入れられていますが、反対に日本のアニメは海外ではどのように感じられているのか気になりますね。
インターネットの普及により、海外でも身近に感じられるようになった日本のアニメは、幅広いファン層を確立されています。
以前から「ドラゴンボール」「ドラえもん」は海外の子どもたちからも受け入れられ、人気があります。
海外でも人気があると言われている日本アニメですが、「ジャパニメーション」という呼び名も定着していると言います。
日本のアニメのすばらしさを世界の人にも感じて欲しいですね。
スポンサーリンク



日本ならではの技術、精密さ、美しさがスゴイ

日本アニメが素晴らしいと評価している海外の方はこう日本アニメの良さを語っています。
複雑なストーリーの中にも主人公の心理をうまく表現していて、絵の精密さがすごいこと。
作品によっては日本の自然の美しさなども取り入れていて、「となりのトトロ」がいい例ですが実物とさほど変わらない技術の高さなどを評価されています。
しかし、どこの国にも言えることですが、やっぱり面白さが分からない、文化を受け入れられない。
という感想もあるのも事実ですが、その文化や、風習が国の良さでもあるので、それはそれでいいし、そこが日本アニメの魅力に繋がっているのかもしれませんね。
スポンサーリンク



海外ではどんな日本のアニメが人気なのでしょうか

日本のアニメはスケールが大きく、ストーリーの表現が素晴らしく、映画のようであり、世界一だとか、文化だと評価されていますが、いったいどのアニメに人気が集まっているのか知っていますか?
年齢層はいろいろだと思いますが、参考にしてみて下さい。
それぞれ楽しめる作品ですので、見てみる価値はありますよ。
「銅の錬金術師」
「デスノート」
「千と千尋の神隠し」
の3作品が海外で人気があり、アニメ好きな方ならどれか一作品は見たことがあるのではないでしょうか。
「銅の錬金術師」はダークファンタジーがテーマですが、ところどころのシーンは明るくて、世界観などの雰囲気が暗くなりすぎていないのが、高評価につながっているようです。
「デスノート」はちょっと怖いなあと思われがちですが、世界一の名探偵が、キラの正体を突き止めようとする高レベルな頭脳戦が人気の一つです。
「千と千尋の神隠し」はジブリ作品の中の一つです。
千尋のたくましく冒険していく姿や、成長を描くファンタジーアニメです。
独特な世界観が日本だけでなくて、世界でも人気となりました。
日本でも家族で楽しめる人気のアニメですね。
スポンサーリンク



日本での海外でも子どもに人気のあるアニメはどんなものか

海外での人気ランキングベスト3は次の3作品です。
一位から順にご紹介します。
「銅の錬金術師」
「デスノート」
「カウボーイビバップ」でした。
私は自分の予想ではジブリ作品が上位に一作品は入ってくるだろうと確信していたのですが、全然違いっていましたね。
自分の好みで予想してしまいました。
外国の方の気になったコメントは、アニメ初心者がアニメの世界に入ってくる足がかりになるであろう作品で、ストーリーのコンセプトがずば抜けていると書かれています。
世界中で日本アニメは愛されているんですね。
うれしいです。
では、日本での人気ランキングベスト3はどうでしょうか?
先に予想させて下さい。
「銅の錬金術師」
「千と千尋の神隠し」
うーん、思い切って、「アナと雪の女王」どうでしょう。
「時をかける少女」
「カリオストロの城」
「千と千尋の神隠し」の順でした。
が、またまた大はずれでした。
好みで予想してはいけませんね。
どれもいい作品です。
最後に私のおすすめアニメを紹介させて下さい。
「火垂るの墓」です。
私が見たのは小学4年生くらいだったと思いますが、今でも終戦記念日が来ると思い出します。
私が唯一このアニメを通して戦争を知れた作品だったのです。
アニメ映画も見ましたが、原作の本も読んだくらいです。
とてもいいアニメで心に残っています。
「となりのトトロ」やっぱり外せません。
子どもと一緒に楽しめて、こうだったらいいのにね、ああだったらいいのになど、空想の世界が広がるし、キャラクターすべてがかわいい。
自分もトトロに会えたらいいのになって大人でもほっこりした気持ちになれる作品です。
スポンサーリンク



まとめ

日本だけに限らず、海外でも日本アニメが愛されていることは本当にうれしいことですね。
アニメサイトによって知らない作品にも触れられ、アニメ人気のすごさも知ることができました。
日本文化になりつつある日本アニメ。
心温まる作品が多いですね。
これからも子どもから大人にまで楽しめる作品ができて、日本アニメが発展していけばいいと願っています。
心の中にある自分だけのアニメも大切にしていきたいです。
スポンサーリンク