ロードバイクを通勤などで利用している人、いるのではないでしょうか?ロードバイクを使う上でメンテナンスなどは定期的に行なっているでしょうか?
晴れの日だけ走るのであればメンテナンスも特別そこまで重要というわけではありません。
ただ、雨の日に走行するとなるとちょっと話が変わってきます。
というのも雨の日って雨に濡れることはもちろん泥なんかも付着しやすいですよね。
そこで今回は雨の日にもロードバイクに乗る場合に気をつけたいポイントと、お手入れ方法などを見て行きます。
雨の日には出来るだけロードバイクには乗らないというのが1番安全でバイク自体にも良いことなのですが通勤などで毎日乗る人も多いのでそうも行きませんよね。
そんな人には走行前にできるだけ雨対策をすることをお勧めします。
具体的に見て行きましょう。

チェーンオイルは雨天対応のものを

チェーンオイルは普通のものだと雨に打たれるとすぐに油膜切れしてしまいますよね。
しかし雨天対応のチェーンオイルというのものがあります。
これは雨でも油膜が流れ落ちず汚れもつきにくい特徴があります。
一同注油すれば300kmくらいは潤滑性能が続くんだとか。雨の日にも自転車通勤などをする人は必ず1つは持っておきたいアイテムです。

ライトは防水対策を

ロードバイク用のライトは基本は雨に少し濡れたところで壊れないように作られています。しかし小雨程度の雨の場合で本振りの場合に浸水し壊れる可能性はないわけではないんですね。
ですから何らかの対策が必要です。簡単なのはビニール袋、またはラップをかぶせゴムで留めるというやり方。これならすぐに出来ますよね。ライトが壊れると大変なので是非覚えておきたいですね。
スポンサーリンク



タイヤの空気圧を下げる

次にタイヤの空気圧を下げることも大切です。
というのもロードバイクのタイヤって細いですよねそのため雨の日は滑りやすいんですね。
空気圧を下げることでタイヤの接地面積は増えますからこれが改善されるのです。

雨の日にロードバイクに乗った場合、後のメンテナンスって?

雨の日にロードバイクで走行した場合、そのまま放置するのはお勧めできません。
というかやめてください。
というのもサビの原因になります。
ですからまずは鉄であるボルトやチェーン、スプリングを拭いて水気を取りましょう。
またフレーム、ホイールもふいたら今度はペダルなんかもついでに綺麗にします。
濡れているうちに拭き取ることが大事ですよ。
意外と簡単に取れます。
またブレーキシューとホイールのリムの間部分は水と一緒に砂塵が巻き上げられ入り込むことがあるために中で削れていくことがあるので要注意です。
砂、金属カスは取り除きついでに油分なども拭き取りましょう。
ブレーキ時の制動力の低下を防ぎます。
他にもロードバイクにはいろんなパーツが使われていますから、雨の日でも走行するのであれば定期的なチェックは欠かせないでしょう。
ホイールの回転、踏み込んだ時の異音の有無など少しでもおかしいなと思ったらすぐに原因を調べた方が良いです。安全で快適にロードバイクで走るためには欠かせない作業ですよ。

まとめ

いかがでしたか?今回挙げたロードバイクのお手入れの他に、サイクリングをする人自身が雨対策をすることも忘れないでくださいね。
レインウェアやレインヘルメットカバー、シューズカバーなども売られているようですよ。また雨用グローブ、防水バッグなんかも便利です。
出来るだけ身に付けるものは防水タイプのものにしておきたいですね。ロードバイクで濡れると冷えてしまうので風邪を引いたりと本当に厄介ですからしっかりと対策をしましょう。
スポンサーリンク