通勤に自転車を使っていると、悩まされるのは雨です。
特に梅雨の時期はほぼ毎日雨なので困りますよね。
雨の日は自転車通勤ではなくてバスや電車、車に変更する人もいます。
でも、自転車しかない場合はどうしようもありません。
そんな時は雨の日グッズで少しでも快適に自転車通勤できるように乗り切っていきましょう。
自転車で傘をさしている人をよく見かけます。
実は私も例外ではなく傘さし運転をしていました。
が、やはり危ないし・前が見えないし・かなり濡れるし・警察にマイクで注意されるし。
良い事はありません。
レインコートに越したことはありません。
通常のレインコートだと学生の時に使っていましたがズボン式の物が良いです。
ロング丈の長レインコートだと自転車を漕いでいる時にボタンが外れたりして足が濡れてしまうことがあります。
かといって、学生や男性はズボン式でもいいですが女性はスカートをはいたりもしますので
(私的には雨の日はスカートや7分丈パンツの方が濡れてもすぐに拭きやすいのでいいです。ズボンだと裾がなかなか乾かなかったり、長丈のズボンだと地面に裾がついて濡れるわ汚れるわ。)
ズボン式レインコートはちょっと。。。
脱ぎ着しているところを人に見られるのもなんだかちょっと恥ずかしいですし。。。
そんな方には、自転車用ポンチョ式レインコート。
ハンドルも前かごも全部カバーしてくれるので手が濡れる心配も鞄が濡れる心配もありません。
顔が濡れるて化粧が落ちるのが嫌!
という方には、自転車用フルフェイスポンチョがあります。
もちろん顔の部分は透明になっているので、前が見えない心配もありません。
水滴がついて見えにくいのが嫌な場合は、フルフェイスではなくフードが長いタイプの物もあります。
ほぼ完全防備です。
クロスタイプの自転車だと前かごがないのでバックパックを使用している人が多いと思います。

ポンチョなら背中のバックパックも一緒にカバーできるので楽ですね。

足もとにもご注意!

雨で中までぬれてしまった靴を履き続けているのって気持ち悪いですよね。
今はレインブーツもおしゃれになっています。
ゴム長靴なんて和製言葉が似合わないようなおしゃれ感です。
おしゃれレインブーツは女性用のイメージがあるかもしれませんが、男性用もなかなかおしゃれな物が多くでています。
また、ビジネスマンの事も考えてビジネスシューズ風レインブーツもあります。
会社に予備の靴を持って行ったり常備置いておけるのであれば、会社で靴を履き替えると長い間レインブーツをはいていることでの蒸れや臭いを気にせずに過ごせます。
雨の日でも安心して足元のおしゃれも忘れずに。
スポンサーリンク



念のために常備!

レインコートにレインブーツ、これだけでもほぼ安心ですが念には念を。
鞄を入れることが出来るゴミ袋を常備しておきます。
自転車が屋根のあるところに保管できていればいいのですが、ぬれえしまっていることもあると思います。
自転車用ポンチョを使用してもすでに自転車が濡れていれば鞄を前かごに入れたらぬれてしまいますし、バックパックだと自転車でなくても背中に担いでいると傘をさしていてお濡れていたりします。
携帯やタブレットが濡れてしまうとまずいのでカバーするために大きめのゴミ袋を一枚用意しておくと便利です。
濡れたレインコートをしまう袋も忘れずに。
フェイスタオルも一枚常備しておくとサドルを拭いたり、ちょっと濡れてしまった体や服の部分を拭いたりするのに便利です。

おしまいに

これでもう雨でも安心!!
夏は暑いので蒸れてしまうかもしれませんが。。。
制汗剤も用意しておいた方がいいかも。。。
雨の日は自転車でも道が滑りやすいですので、運転には十分に気をつけてください。

【番外】

片手で傘をさしながら運転しなくてもいいように、自転車に傘を取り付けることが出るグッズもありますが、あまりおすすめはできません。濡れます。
自転車専用の雨除けシールドもありますが、どうでしょう。。。
狭い場所を行き来している日本には装着時幅をとるので、なかなか難しいような。。。
また横がまる空きなので、やっぱりレインコートも必要な気もします。

雨の日だけ装着するのが面倒でそのうちずっと装着しっぱなしになったら痛みも早くなります。
通勤にはやっぱりおすすめは難しいと思います。。。

スポンサーリンク